鉄骨鳶と足場鳶の違いとは

お問い合わせはこちら

鉄骨鳶と足場鳶の違いとは

鉄骨鳶と足場鳶の違いとは

2021/10/05

「鉄骨鳶と足場鳶の違いは何だろう」とお考えではありませんか。
別業種から鳶職人の道に進むにあたり、どちらを選ぶべきか通っている方もいらっしゃいますよね。
そこで鉄骨鳶と足場鳶の違いを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

鉄骨鳶と足場鳶の違い

鉄筋・鉄骨建築の骨組みの組み立てなどを行うのが「鉄骨鳶」です。
組立ではクレーンなどを使って鉄骨を高所まで吊り上げてボトルで固定します。

基本的には高所での作業が中心となるのが「鉄骨鳶」です。
「足場鳶」は、建設現場で作業に使う足場を設置する仕事となります。
2つの仕事での大きな違いは、取り扱う材料や作業内容だと言えるでしょう。

鳶職人にはどのような種類があるの?

鳶職人の種類は、「鉄骨鳶」「足場鳶」の2つだけではありません。
大型の機械や設備の運搬や設置などを行うのが「重量鳶」です。
橋や高速道路などの建設に携わる「橋梁鳶」という鳶職人もいます。
種類に関わらず、鳶職人は建設現場において欠かせない存在です。

まとめ

建物の骨組みを作る仕事がしたいと考えているのなら、鉄骨鳶の仕事に挑戦してみませんか。
出来上がった建物を見ると、強い達成感を得ることが出来て、とてもやりがいのある仕事ですよ。
神奈川県や都内近郊での鉄骨鳶を考えているのなら、「有限会社エス・エス興業」が新規スタッフを募集しております。
強い意欲があれば未経験からの挑戦も歓迎しておりますので、求人をお探しでしたらぜひ弊社までお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。